認定こども園 伊勢原幼稚園

TEL:0463-95-0326 FAX:0463-95-0308

幼稚園日記

防火教育の日でした!

2019/11/29

今日は、伊勢原消防署の方々が来てくださり、火の怖さや、火事になったときの対応を教えてくださいました。

ちゅーりっぷぐみに全園児集まり、映画「ぼくは 小象の消防隊」を見ました。映画の中では、オオカミさんがそのままにしていたタバコから火が本に燃え移り、オオカミさんの家が火事になってしまうという内容でした。オオカミさんは、街の見回りをしていた小象のポンプくんたちに注意を受けていたにもかかわらず、タバコの火をつけっぱなしにしてしまい火事になってしまいました。消防署の職員の方からも、火では遊ばないことや、火を扱うときは必ず大人と一緒にということや、火事を見つけた時、すぐに近くにいる先生や大人に知らせることを学びました。

その後、みんなが楽しみにしていた消防車が園庭に登場!!首が長くなる「キリンさん号」ただしくは、「高所救助車」に乗せてもらいました。マンション4階ほどの高さまで伸びる車で、高いところにいる人を助ける役割をしているということを聞きました。

バスケットとよばれる場所に乗り込むと、幼稚園の2階の高さにまで上がり、少しスライドして下に下がっていく体験をしました。高所にかかわらず、みんな大喜びで下にいる友達に手を振ったり笑顔を見せていました。

子ども達が全員終えた後、一番高くなるところまで伸ばしてくれるということで、先生が一人、代表で乗りました。ヘルメットをかぶり、落ちないように命綱をつけ、レスキュー隊員の方と一緒にぐんぐん上り、教会よりも高い所へ!!かっこいい!!

下に降りてくると、「上から見るとみんなのことが小さく小さく見えて、少し怖かったよ。でも、大山がとてもきれいに見えたよ♪」っと一言。そして、どんどん小さくなるみんなをパチリ♪

 

最後に質問タイムをしているとき、ちょうど事故が起きたいう無線が入り、事故現場に向かう準備をする少し緊迫した姿を見るなど、貴重な経験もすることができました。

これからの季節、乾燥しやすい時期となるので、火事には気を付けていきたいですね。

pagetop